お知らせ2019.11.27

管理型最終処分場 竣工


 弊社フレップとうおん内にて整備を進めてまいりました管理型最終処分場が、この度完成いたしました。関係地域の皆さまをはじめ、多くの方々のご理解ご協力をいただきましたことを心より御礼申し上げます。
 新施設では、より一層の安全安心な最終処分事業に取り組むべく、旧来使用してきた安定型最終処分場を自主的に廃止し、浸出水の処理が可能な管理型最終処分場で埋立処分し維持管理することといたしました。環境に配慮した最新技術を導入するとともに約300万m3の容量を備えており、廃棄物の適正処理需要に対し長期安定的な処理を可能としたものです。
 また近年、異常気象等に伴う災害が多発しており、その復旧復興には、まず災害廃棄物の早急な処理が最優先の課題となっております。本施設は、そのような災害廃棄物の適正処理も視野に入れ整備させていただいたものであり、今後も廃棄物の適正処理を通して、地域の環境保全に努めて参ります。


一覧に戻る

PAGEのTOPへ

PAGEのTOPへ