沿革

昭和41年8月創業 大野開発
代表者 大野 照旺
建設業(土木一式工事)
昭和48年11月大野開発株式会社 に改組
代表取締役 大野 照旺
資本金 500万円
昭和50年3月建設業許可(愛媛県知事)
昭和55年2月オオノ開發株式会社 に商号変更
5月産業廃棄物処理業許可
昭和57年11月安定型埋立処分場開始
昭和59年11月資本金2,000万円に増資
昭和60年2月管理型埋立処分場開始
昭和61年2月一般廃棄物処理業許可
昭和63年4月廃棄物焼却施設1号機設置
平成元年11月廃棄物焼却施設2号機設置
平成 4 年2月資本金7,000万円に増資
平成 5 年7月特別管理産業廃棄物処理業許可
平成 8 年6月廃棄物焼却施設3・4号機設置
平成14年5月浸出水高度処理施設完成
平成19年6月安定型埋立処分場 増設
8月管理型埋立処分場 増設
平成21年10月環境科学研究センター(オオノ・ラボ)を設立
平成23年4月東温処分場を「フレップとうおん」に総称変更
複合処理施設(ロータリーキルン2基)を建設・稼動開始
7月汚染土壌処理業許可(県内第1号)
平成24年5月東京支店開設
平成25年3月大型重機SK2200D納入稼働
4月大型重機SK3500D納入稼働
平成26年2月低濃度PCB廃棄物無害化処理
環境省大臣認定 平成26年第3号取得
12月低濃度PCB廃棄物無害化処理
環境省大臣認定 平成26年第9号取得
平成27年7月大阪支店開設
平成28年7月大型800tクレーンLTM1800NX納入稼働
8月代表取締役交代
大野 照旺代表取締役、会長に就任
大野 剛嗣取締役、代表取締役に就任
平成30年3月低濃度PCB廃棄物無害化処理
環境省大臣認定 平成30年第9号取得
5月汚染土壌処理業許可(RK144)
令和元年7月福岡営業所開設
9月マテラの森 「ストライダーサーキット」オープン(CSR事業)
10月管理型埋立処分場 増設(変更前:1,184,000㎥ 変更後:3,087,100㎥)
令和2年4月リチウムイオンバッテリー処理開始
9月九州支店開設

PAGEのTOPへ

PAGEのTOPへ