解体

安全管理・作業効率向上の徹底
解体工事のエキスパート

解体

平成28年6月1日建設業法の改正で「解体工事業」が独立したものになったのは、想定される高度経済成長時代の老朽化した社会インフラの解体ラッシュや解体対象物の大型化、それに備えて安全な施工体制を整えること、解体工事業の質を向上させることが背景にあると言われています。
オオノ開發の解体事業は、常に「安全・環境・スピード」を追求してきました。「求められたらそれに答えたい」という思い(人)と最新の技術(重機)が私たちの自信です。

5

PAGEのTOPへ

PAGEのTOPへ