SST・SSHプラント

 

SSTプラント

焼却・熱成+炭化プラント
焼却120t/日、焼成360t/日、炭化24t/日

汚染土壌 日量360tの焼成または、廃棄物、日量120tの焼却の両方の運転・使用が可能な施設。

木材チップ日量24tの炭化炉を組み合わせた施設であり、省エネとして炭化炉から発生する熱分解ガスを焼成の熱源として利用できる構造です。
木材チップの炭化に必要なエネルギーは、焼却焼成施設の余熱を利用しています。

熱分解ガス利用によるCO2削減効果焼成設備は燃料が多量に必要であり、重油などの燃料を使用し運転されています。一方で従来の炭化設備は熱分解ガスが副産物として発生していますが効率的なエネルギー回収が行われていませんでした。本施設ではこの設備を融合し、炭化時に発生する熱分解ガスを焼成燃料にすることによりエネルギーの面から見て最高の回収率を実現します。木くずからのエネルギー回収はカーボンニュートラルともいわれ、CO2削減に寄与します。また、炭化に必要なエネルギーは廃熱を利用しており、燃料の使用量はありません。炭化品は土壌改良材等、高付加価値製品として利用されます。さらに空気熱交換器により温風を作成し、白煙防止など有効利用する等エネルギーを最大限に利用したシステムとなっています。

SSTプラント

SSHプラント

焼却・熱成+発電プラント
焼却120t/日、焼成360t/日、発電800kW

主として産業廃棄物、一般廃棄物 日量120tの 焼却が可能な施設。

ボイラにより熱回収を行い、蒸気タービン・発電機により800kWの発電を行います。

廃熱利用による発電量およびCO2削減効果焼却・焼成時に発生する熱エネルギーを廃熱回収ボイラおよび蒸気タービン発電機等で電力として回収します。発電した電力はすべて敷地内動力として利用し、工場内の省エネルギーに寄与します。

SSH・SSTプラント対象廃棄物

一般廃棄物 ごみ、粗大ゴミ、燃え殻、汚泥、ふん尿、廃油、廃酸、廃アルカリ、動物の死体、その他の汚物または不要物
産業廃棄物 廃プラスチック類、汚泥、木屑、紙屑、繊維屑、感染性廃棄物、廃油、動植物性残渣、廃酸、廃アルカリ、動物系固形不要物、金属屑、ガラス屑・コンクリート屑及び陶磁器屑、燃え殻、煤塵、鉱さい

PAGEのTOPへ

PAGEのTOPへ