社員の声

先輩社員にインタビュー

02

本社 第一営業部
水口 正臣

これが私の仕事解体の営業を行っています。何を解体するのかというと、家屋、ビルが主に解体対象です。
お問い合わせから、時には、新規営業先にも出向きます。
実際に現地で物件を確認して、お客様の要望も聞き入れた見積もりを作成していきます。
また、お客様にとっては、今まで暮していた思い出のある家を解体するため、それに立ち会うことができるのもこの仕事の醍醐味だと思います。
うれしかったエピソード解体が無事に終わった後に、お客様からオオノ開發に頼んでよかった!!
と言われることが、この仕事をしていて何よりも嬉しく、また自分の自信にも繋がっていきます。
会社選んだ理由解体を行う会社ですが、産業廃棄物にも携わっている会社です。
私は、この仕事は必ず誰かに必要とされる仕事だと思います。
誰かに必要とされる仕事に自分が携われるということで、この会社を選びました。

02

東温事業所 第三営業部
加藤 雅人

これが私の仕事企業活動から発生する産業廃棄物の適切な処理に関するご提案、段取り等を行っております。
廃棄物には様々な種類・性状等があり適切かつスムーズな処理方法の提案をすることが必要となります。
様々な業種の方とのつながりがあるので様々なお客様と接することが出来ることも魅力の1つです。
うれしかったエピソード定常的に取引を行うお客様の会社でトラブルが起きた際に、大量の廃棄物が発生することがありました。
その際に、ご相談を頂き即座に処理に向けて打合せを行い実行しました。
業務が終了した際に、「相談して良かった。助かった。」とお電話を頂いた時にはやりがいを感じました。
そのお客様から、他の業者の方も紹介をして頂き、取引先も増加し大変うれしく思いました。
会社選んだ理由学生時代にオオノ開發のグループ会社 媛彦温泉でアルバイトをしていて、解体業、運搬業、廃棄物処理業、サービス業と多方面な分野で活動を行っている事を知り興味が湧きました。
愛媛県全域で、官公庁から民間まで様々なお客様と接する事の出来る企業はあまりないと思いオオノ開發を選びました。

02

東温事業所 環境科学研究センター
櫻田 紘也

これが私の仕事法律により、人の健康に悪影響を与える有害物質について環境基準が定められています。
私はこういった有害物質を分析することで正確に数値にし、お客様に伝えるという仕事をしています。
分析といっても対象となる物質ごとに使用する機器や分析方法が異なります。
そのため、様々な化学的知識を学び、適切な方法で技術を高めていく必要があります。
また弊社では、機器ごとに分析担当者を割り振っているため、機器の使用からメンテナンスまで行います。
そうして得られた経験と知識を活かして、技術を高めていくことで充実した業務を行うことが出来ます。
うれしかったエピソード私は大学で農薬の分析を行っていました。
しかし、入社して担当した機器は今までに一度も触ったことがなく知識もゼロでした。
そのため機器の扱い方やメンテナンスの方法など学ぶことはたくさんありました。
業務を通して少しずつ経験を積み、上司や先輩方の指導の下スキルを身につけることが出来ました。
今では、どのようにすれば仕事を効率よく進めることが出来るのか考えられるようになり、任せられる仕事も増えてきました。
一歩ずつですが自分の能力が向上していることに充実感と達成感を感じています。
会社選んだ理由私は、高校の時から分析業務に興味があり、大学では環境分野を専攻しました。
そうして得られた知識を活かしたいと思っていました。
オオノ開發では処分場を持っており、廃棄物等の受入時と処理後に有害物質の環境分析を行っていると聞き興味を持ちました。
実際に企業見学をさせてもらい、実験室の使いやすさを見ることができ、この会社を選びました。
廃棄物等の受入時および処理後の分析を行うことで、適切に処理がされていることを確認することができることが弊社の土台となっており、魅力であると感じています。

02

本社 第二工務部
水島 蓮

これが私の仕事各解体現場の現場管理をしています。
うれしかったエピソード上司や先輩方が仕事のことだけでなく、プライベートな相談にも乗ってくれること。
会社選んだ理由オオノ開發の勢いや雰囲気の良さを感じオオノ開發への就職を決めました。

PAGEのTOPへ

PAGEのTOPへ